サプリメントと薬の違い

サプリメントと薬は、一見すると違いがないように見えます。けれど両者は全く異なるものですので、その点は理解する必要があります。サプリメントと薬では関連する法律が違います。薬は薬事法、サプリメントは食品衛生法、健康増進法などです。取り扱い時の注意事項も、薬とサプリメントでは違います。何らの疾患にかかった時に飲む薬は、治療効果が出るように飲むものです。薬は飲んで数日で劇的な効果があるものですが、副作用がある場合があります。サプリメントは、体への影響はゆっくりです。サプリメントは病気予防や免疫力向上のためのもので、かかった病気を治すものではありません。身体的なトラブルがあった時に摂取するものが薬であり、普段はできるだけ摂取しないものです。サプリメントの場合は、数カ月、あるいは年単位で、健康を維持するために飲むというものです。薬は医師や薬剤師が患者の病気に対して処方するもので、基本的には消費者が多くを選ぶことはできません。サプリメントの方は、飲む人が、自分の体質や環境に合わせて何を飲みたいかを決定します。膨大なサプリメントの中から自由に選べます。サプリメントを使えば、食事からは不足気味な成分や、美容や健康のために必要な栄養を補給することができます。病気にかからないように、体に問題がないうちからサプリメントを使います。サプリメントと薬には、色々な差があることがよくわかります。