サプリメントと薬の飲み合わせ

薬とサプリメントの差は、サプリメントは健康増進のために使えることです。注意しなければならないのが薬との飲み合わせです。薬の効果をサプリメントの成分が強化しすぎたり、弱体化したりと、本来の効果と違う影響を体に与えてしまうという場合があります。カルシウムは、強心薬と一緒に摂取しない方がいいでしょう。骨粗しょう症の薬とマグネシウム、甲状腺ホルモンの薬と鉄なども要注意なセットです。サプリメントを使っているにもかかわらず薬を飲むようになると、そのせいで薬の効果が出にくかったり、思わぬ作用が出たりもします。厚生労働省も、サプリメントと薬の同時摂取には注意を促しています。人によっては、サプリメントと薬を使えばますます体が丈夫になると考えていたりもします。薬とサプリメントを同時に摂取している人も増加しています。薬がサプリメントのせいであまり効果が出なかったというパターンもありますので、気をつける必要があります。もともと飲んでいる薬がある人は、サプリメントを使わずに済んだ方がいいでしょう。健康のためにサプリメントも使いたいけれど、処方されている薬があるという人は、まず医師に話を聞いてきましょう。身体に不足している栄養成分を補給するためにサプリメントがあるととても助かりますが、薬と一緒に摂取する時には、事前の確認が必要になります。